埼玉県で2番目に多い人口がある川口市の特徴

埼玉県川口市は、荒川左岸の低地沿いに中心部があり、南側で東京都北区と接しています。もとは、日光御成街道の宿駅として栄えた町で、明治時代以降は鋳物産業が盛んなことで有名な都市となりました。
 
1933年に市制を施行して、熊谷市や川越市とならぶ存在になりました。ちょうど同じ年に熊谷市も市制を施行していますが、現在の人口では川口市のほうが遥かに上回っています。近年になって鳩ヶ谷市を編入したため、市域もわずかに拡大して人口が56万人を超えました。
続きを読む 埼玉県で2番目に多い人口がある川口市の特徴