県名に馬がある群馬県

関東地方の一番北西に存在している群馬県。県名からとった馬のキャラクターで有名ですが、県の形としては鶴に類似していることでも知られています。東京に近いながらも、豊かな自然を有している群馬県は、農業が盛ん、温泉街がたくさんある、スキーに事欠かないなど、さまざまな魅力をあわせもった場所。田舎だと侮っていたら大損ですよ。名産品だってたくさんあります。

2675 (73)

 

最も有名なのは、下仁田ねぎでしょう。大きく太く、甘みがたっぷりのこのねぎは、鍋物にいれても焼いただけでも十分美味しいのが魅力です。同じ下仁田市内では、こんにゃくも名産品として作られています。嬬恋村では、キャベツが名産です。キャベツの生産量は日本一といわれるこの村のキャベツはやはり甘みが強く、とても美味しいです。昨今注目を集めているのは、太田市の焼きそばです。

 

 

これといって珍しい特徴があるわけではないのですが、太田市にはとにかく焼きそば屋が多い。そしてその全部が全部美味しいのです。また、米が育ちにくい土壌である群馬県では、小麦文化が盛んです。うどんやまんじゅうといった軽食は、いたるところで食べられます。味噌だれをぬって焼いたおまんじゅうは、食べ歩きにぴったりですよ。一人暮らしの方なら引越し 東京 群馬からならかなり手軽に?移り住むことができるかもしれませんね。