埼玉県で2番目に多い人口がある川口市の特徴

埼玉県川口市は、荒川左岸の低地沿いに中心部があり、南側で東京都北区と接しています。もとは、日光御成街道の宿駅として栄えた町で、明治時代以降は鋳物産業が盛んなことで有名な都市となりました。
 
1933年に市制を施行して、熊谷市や川越市とならぶ存在になりました。ちょうど同じ年に熊谷市も市制を施行していますが、現在の人口では川口市のほうが遥かに上回っています。近年になって鳩ヶ谷市を編入したため、市域もわずかに拡大して人口が56万人を超えました。

現在では埼玉県で2番目に多い人口がある大都市にまで成長し、市内中心部には数多くの超高層マンションが建設されました。鋳物産業は衰退しつつありますが、かつての工場の跡地で再開発が始まって現在のようなマンションが多い町並みへと変化しました。
 
埼玉県は戦後になって爆発的に人口が急増し、川口市内も同様の現象を経験しました。今はすっかり都会になってしまった川口市ですが、市内の東部へ行けば今でも田園風景を眺められます。見沼代用水が近くを流れる場所にある川口グリーンセンターは、豊富な種類の植物を観察できる名所です。
 
鉄道や道路の交通網が充実しているのも川口市の強みです。荒川を越えれば東京へすぐに行ける地理的特性にも恵まれています。ですから地方から引越し 埼玉県へ住むのはメリットがいっぱいなのです。