関東の温泉なら群馬がぶっちぎり

群馬県の温泉について、お伝えしていきたいと思います。群馬県の温泉は、全国的に有名で、伊香保温泉や塩ノ沢温泉、吉井温泉、沢渡温泉、草津温泉や上牧温泉、五色温泉、温川温泉、川古温泉や梨木温泉に、川中温泉、磯部温泉、猿ケ京温泉、伊香保温泉、松の湯温泉に四万温泉、片品温泉、松ノ湯温泉に湯宿温泉、法師温泉など、とにかく温泉が多数湧き出ている日本でも有数な温泉で有名な地域です。

2675 (55)

群馬県の温泉と言うと、草津温泉が全国的に古くから有名ですが塩ノ沢温泉も、良い温泉が湧き出る地域として有名です。塩ノ沢温泉は、源泉温度が11.6度ですが、入浴用に温度を上げて使用します。温泉の効能は、消化器病や皮膚病、婦人病や、やけどの傷、関節の痛みに効果があると言われ、たくさんの観光客がこの温泉の効能を目当てにやってきます。塩ノ沢温泉には、温泉街があり、一軒宿である国民宿舎があります。国民宿舎は、やまびこ荘が、それにあたります。

 

塩ノ沢温泉は、鉄分を含む温泉で、二酸化炭素やナトリウム、塩化物炭酸水温泉と言われています。phは6.2です。塩ノ沢温泉は、車では上信越自動車道下仁田インターチェンジが一番近くアクセスできます。ここから約30分車を走らせた地域が塩ノ沢温泉街です。

 

東京からはスキー場もあって訪れる人が多いですよね。冬に引越し 東京 群馬へ行ってスノーボードなどを楽しむ人も多いのでしょうか。